学校教育目標  
       
 
    −個を生かす教育の実現−
  1. たくましい身体と強い意志をもつ人になる。
  2. 心の豊かな礼儀正しい人になる。
  3. 自分の能力に自信を持ってしっかり勉強する人になる。
   
   
         
         
学校経営の重点  
         
 
   
T-1 教育課程の円滑な運営 〈教育目標1・2・3〉
学習指導要領の趣旨を捉え、これまでの実践研究の成果を基にし、「計画(Plan)−実行(Do)−評価(Check)」-改善・実行(Action)を通して、教育課程のより一層の充実を図る。
  • 調和と統一のとれた教育課程の編成と推進(学ぶ力の育成・豊かな心の育成・健やかな身体の育成・信頼される学校の創造)
  • 教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間についての研修と実践
  • 学習指導要領の全面実施から5年目に伴い、教育課程の推進と改善
  • 今日的教育課題を視野に入れた教育課程編成の工夫と推進(人間尊重の教育、特別支援教育、環境教育、国際理解教育、情報教育、福祉・健康教育)
  • 学校評価・学校関係者評価の推進と効果的な運用(教職員・保護者・生徒)
   
   
T-2 学習意欲を高め自ら学ぶ学習態度の育成 〈教育目標3〉
「自己発見」の喜びを体得することにより、「学ぶことは楽しい」という観念を生涯に渡って持ち続けられるように人的発達を目指す指導法
  • 自ら学ぶ意欲と主体性を育成及び基本的な学習習慣の育成
  • 基礎的、基本的な学習内容の確実な定着
  • 成就感、達成感をもたせた授業の展開
  • 美しいことに感動する豊かな感性と創造性の育成
  • 個に応じた指導の充実のための指導方法や指導体制の工夫改善
  • 客観性、公平性、信頼性を高める評価の充実と指導・評価の一体化の推進                                         [教科指導]{各教科}{総合的な学習の時間}
   
   
T-3 心の触れ合いを大切にした生徒指導の充実 〈教育目標1〉
宇宙の全ての現象、特に生命(いのち)に対し畏敬の念を持つことで自己存在感を意識させる。
  • 共感的理解、受容的態度を目指す生徒指導の推進
  • 基本的な生活規範の理解と確立、、望ましい生活習慣の確立と定着
  • 「いじめ」のない、互いに認めあえる人間関係の確立
  • 不登校生徒の心を理解し、登校回復への努力の推進(校内学びの支援委員会の機能化・研修会の充実
  • スクールカウンセラー等を活用した教育相談体制の充実        [生徒指導]{道徳}{総合的な学習の時間}
   
   
T-4 生徒活動の活性化と社会性の育成 〈教育目標2〉
社会人として自立できる基礎、基本を身に付けさせる (豊かな人間性と社会性)
  • 信頼と連携を基にして自浄能力のある学年・学級づくりの実現
  • 道徳的心情の深化と道徳的実践力の定着
  • 集団生活の役割や自覚を促す学級活動、学年活動、生徒会活動の充実
  • 健やかな身体の育成に向けた指導の充実(食指導、性教育、健康安全教育)
  • 心身の健全な発達を促す部活動の充実
    {特別活動} {道徳} {総合的な学習の時間}

   
    U 有機的、機能的な校務運営

    教師一人一人の力量を最大限に発揮することが教育手段の最良である。
  • 各分掌が連絡・調整を密にする中で、教育活動を展開し、生徒の自立的活動を育成する。
  • 学年・学級経営の充実
  • 特別支援教育の充実(校内学びの支援委員会の充実、校内研修の推進、地域学習校活動の推進)
  • 食指導、食管理の充実(年間指導計画・月指導計画の作成、給食だよりの発行、家庭との連携、フードリサイクルの取組、PTA・教科等との連携、個別食育相談指導等)
   
  V 教育環境の整備・改善

   教育環境を文化という視点で捉える。

     ・ 生活、学習の場である校舎・教室等の学習環境を整える
     ・ 施設、設備等の維持、管理、改善については、関係部署・ 関係機関と
       も適宜連携を図りな がら対処する。 
     ・ 言語活動(コミュニケーション)を大切にする。
     ・ 学校は安全な場であると考えられるようにする。
     
 
    W 指導力を高める研修及び研究の充実
共同の力で積み上げられた実践の成果は貴重なものであり、それを土台に全教職員で取り組んでいかなければならない。特に、実践に裏打ちされた教科研究や指導力を高める職能研修を推進し、専門性の向上を目指す。
  • 教師自らが自発的に学ぶことに努め、優れた人格、識見を身に付ける研修
  • これまでの研修成果の積み上げの上に立ち、計画・実践・評価・改善に目を向けた実践的な共同研究
  • 広い視野から、当面する諸課題について研究を深め、実践を通して研修し、教師としての指導力と専門性を高める。
   
     X  学校・家庭・地域社会・関係機関との相互の連携
学校・家庭・地域社会(関係小学校、関係諸団体、関係諸機関、地域住民)が一体となって 連携し、生徒の健やかな成長を促すように努める。
   
  • 親と子・教師・地域の方々との交流、教育活動の相互理解
  • 関係団体・機関との連携及び正確な情報交流のもと、諸課題解決のための相互理解
  • 開かれた学校づくりのために教職員の自己点検・自己評価や幅広い外部評価を生かした学 校運営の工夫改善
  • 授業交流や情報交換など、校種を超えた学校間の連携強化。